脱毛では、しばしばツールを用いる事になります。
いわゆるワックスなどは、最近では幅広く用いられている傾向があるのです。
ワックスは、確かに非常に便利です。
欧米諸国の方々もよく採用している方式ですが、剃刀などと比べても、しばらくの間は体毛が生えなくなるメリットは大きいです。

ところでワックスは、実は自分で作る事も可能なのです。
材料さえ取り揃えておけば、ワックス脱毛も十分に可能になります。
基本的にはレモン汁や砂糖などを用いる事になります。
まずはそういった材料を全てミックスした上で、ちょっと加熱処理を行うのです。
それでしばらく加熱していると、もちろん材料がドロドロ状態になってきます。
程よくドロドロになった段階で、火を止めます。
後はそれを用いて、引き剥がすやり方でワックス脱毛を行う事になるのです。
自作をする事は可能な脱毛用ワックスとそのネック
このようなやり方で、実はワックスは自分で作る事はできます。
ただそれには1つデメリットがあって、温度に関する注意点があるのは、間違いありません。
少なくとも完成したばかりの段階では、ワックスの温度はかなり高めになっています。
それを皮膚に直接タッチしてしまうと、火傷になる確率が大幅に高まるでしょう。
また自作のワックスは、必ずしもクオリティーが優れているとは限りません。
とりあえず作ってみたものの、実は脱毛効果があまり大きくない事もあるのです。
ですから脱毛用のワックスは、自作するというよりは、基本的には製品を購入する方が無難でしょう。

コメントを残す

*